見た目スリム化宣言

年を取るごとに、体重はかわっていないけれど、体型がかわり、以前より太ってみえるようになったり、サイズがワンサイズアップすることがあります。
筋肉量が落ち、脂肪が増え、重力でたるみが増えていく。
とてもおそろしいことですが、そんな現実はじわじわと年を追うごとに近づいてきます。

着こなしひとつでスリムに見せる

見た目スリム化宣言

体型を気にしている人はどうしても体型をカバーする服、隠す服を選びがちですが、 各々のポイントをあえて見せることでスリムに見せることができます。
着やせテクニックを学んで、見た目スリム化を目指しましょう!

目の錯覚を使って、見た目をスリムに。
洋服の着こなし方ひとつで印象をかえることができるのです。
胸元はほどよくあける。
胸元がつまると、あか抜けない印象を与えがち。デコルテを見せるのがGOOD!
スタイルにIラインをとり入れる。
ストールを首元に巻く場合は、首の部分はねじって巻いたほうがスッキリと見せられます。
またストールのたたみ方にもポイントが!、布地に沿ってたたむのではなく、ラフ&斜めにたたむのがおすすめ。
ウエストにポイントをつける。
カーディガンのボタンを留めるなら、胸元ではなくウエストで!
手首や足首を見せて華奢さ度をUP!
脚はくるぶしから指4本分くらいを露出させると、脚の長さが強調されて華奢に見えます。